CORPORATE GOVERNANCE コーポレート
ガバナンス

行動規範

ミスミグループの全役職員は、ミスミグループの社会的使命を理解し、この「行動規範」および関連する附則はもとより社会ルールを遵守して公正に活動し、以下の事項について明確な自覚と責任をもつものとします。

遵守事項一覧

  • 1 お客さまに対して
    • ・役職員は常に公正な取引に基づき、「短納期・高品質・低コスト」のオリジナル性の高い商品、サービスを提供する。

    • 1-1 不公正な取引の禁止
      不当な取引拒絶、不当廉売など公正な競争を阻害する恐れがある不法な取引を行わない。
    • 1-2 誇大表現や虚偽表示の禁止
      お客さまに誤解を与えるような誇大表現や、製品の品質、商標等の虚偽表示をしない。
    • 1-3 顧客情報の保護
      関連法規に従い、顧客情報が本人の同意なしに第三者に提供されることがないよう適切に管理する。
    • 1-4 製品の安全性確保
      品質、価格、納期と並んで安全性も重要であることを認識し、安全性について、製品の企画、設計段階で十分考慮する。
    • 1-5 談合・その他不法な取り決めの禁止
      同業他社等との相談や協力は談合やカルテルに該当する恐れがあり、各国の独占禁止に関する法規に違反するような行為を行わない。
  • 2 仕入先に対して
    • ・役職員は安全性を含む品質、価格、納期の観点から、製品およびサービスを合理的に選定し、仕入先とは常に公正な取引を行う。

    • 2-1 不当な金品授受の禁止
      不当な利益を与えたり、不当な利益を受けることを目的とした金品の授受を行わない。接待や贈答品については妥当な礼節を踏まえた上で、合理的な理由がない限り辞退する。
    • 2-2 公正取引の遵守
      支払遅延など下請法等で禁止されている行為を行わない。
    • 2-3 秘密情報の適切な管理
      秘密保持契約等に基いて提供された情報については適切に管理し、契約で許諾した目的、範囲外では使用しない。
  • 3 役職員に対して
    • ・ミスミグループ各社は役職員の人権を尊重し、役職員が安全で働きやすい職場環境を実現し、発展させる。
    • ・役職員は安全で働きやすい職場環境の実現、発展に対して、率先して協力する。

    • 3-1 人権の尊重
      個人の人権を尊重し、人種、国籍、性別、宗教、信条、出生、年齢、身体の障害等による差別や嫌がらせをしない。
    • 3-2 安全で働きやすい職場環境の実現
      安全衛生関連の法規を遵守し、国内外の役職員が安全で働きやすい職場環境の実現に努める。
    • 3-3 個人情報の漏洩防止
      業務上知りえた役職員の個人情報については、業務目的のみに使用し、本人の同意なしに第三者に情報が漏洩しないよう管理する。
  • 4 業務に対して
    • ・役職員は法規、規程・社内ルールを遵守し、忠実に業務を実行する。ただし、与えられた権限の濫用は行わない。
    • ・役職員はミスミグループ各社から貸与された会社資産および付帯するデータの使用に関して、ミスミグループ各社の関連社内規程・社内ルール、および役職員の上位職の指示に従う。

    • 4-1 業務の忠実な実行
      責任感をもち、信頼や期待を裏切らないよう誠意をもって、業務を忠実に実行する。法規、規程・社内ルール、行動規範に違反する行為は業務上いかなる状況においても行わない。
    • 4-2 会社資産の適切な使用・管理
      会社資産を有効に活用するために、事業活動において適切に使用し、管理する。会社から貸与された資産を業務以外に使用しない。
    • 4-3 利益相反行為の禁止
      個人的な営利または第三者の営利を目的に、ミスミグループ各社の製品やサービスと競合する取引や事業を行わない。また、会社の許可なく、個人事業や他人の業務への就業を行わない。
    • 4-4 個人情報・秘密情報の漏洩禁止
      役職員の個人情報を本人の同意なしに第三者へ提供しない。同様に、秘密情報を会社の許可なく第三者へ提供しない。役職員は退職後においても、在職中に知った秘密情報を会社の許可なく使用、もしくは第三者へ提供しない。
  • 5 知的財産権に対して
    • ・役職員はミスミグループ各社が保持している、または保持しようとしている知的財産権を保護し、適切に運用管理する。

    • 5-1 知的財産権の保護と適切な運用管理
      職務上創出した重要なアイデア等に対して、特許等の出願前に社外に漏れないよう注意し、遅滞なく出願する。既に権利化した特許等は、他社に無断で使用されていないかも含め適切に運用管理する。役職員は会社が運用管理する知的財産権を会社の許可なく使用してはならない。
    • 5-2 他者の知的財産権の侵害禁止
      新しい製品やサービスを市場に出すまでに、関連する特許等の産業財産権に対する出願状況等を調査し、他者の特許等の産業財産権を侵害しない。著作権については著作権法や使用許諾契約書等により、認められた範囲内で使用する。
  • 6 財務会計に対して
    • ・ミスミグループ各社および役職員は関連法規、規程・社内ルールに従って、経理、会計、財務処理手続きを適時、適正に行う。

    • 6-1 正確で迅速な処理
      関連法規、関連規程・社内ルールに従い、適正な会計処理を実施する。会社への届出事項や立替経費等の精算は正確かつ遅滞なく行い、虚偽の申告等は行わない。
    • 6-2 記録の正確性維持
      事業活動に係る記録や報告を適時、適正に行い、記録の正確性の維持に努める。ミスミグループ各社が保有する情報に対して、改ざん、不正な削除や追加を行わない。
    • 6-3 財務記録等の不法な開示の禁止
      関連法規に従い、ミスミグループ各社の財務記録等を適時、適正に開示し、虚偽情報の開示を行わない。
  • 7 株主・投資家に対して
    • ・ミスミグループ各社は適時、適正な企業情報を開示することにより説明責任を果たし、企業価値の増大による株主への利益還元を図る。
    • ・役職員は常に企業価値の増大に寄与すべく、業務を遂行する。

    • 7-1 株主・投資家との良好なコミュニケーション
      株主・投資家の声を真摯に受け止め、株主・投資家との良好なコミュニケーションの維持に努める。
    • 7-2 適時・適正な企業情報の開示
      株主・投資家に加えて、お客さま、仕入先などミスミグループ各社の関係者に対して、適時、適正な企業情報を開示し、信頼される企業として発展するよう努める。
    • 7-3 インサイダー取引の禁止
      ミスミグループ各社の未公開の重要事実を知った役職員は、その事実が公開されるまで株式会社ミスミグループ本社の株式売買を一切行わない。
  • 8 地域等に対して
    • ・ミスミグループ各社は地域の文化、慣習、歴史を尊重した事業展開を心掛け、地域との調和を図る。
    • ・役職員は環境負荷を考慮し、適法かつ誠実に業務を遂行する。
    • ・役職員は反社会的勢力、団体およびそれらとの活動とは一切の関係を持たないとともに、不当な要求にも妥協せず毅然とした態度で対処する。

    • 8-1 地域の文化・慣習・歴史を尊重した事業展開
      海外各国や各地域の文化、慣習、歴史を正しく認識し、各国や各地域と調和した事業展開を行う。また、役職員は地域の文化、慣習、歴史を尊重した行動を心掛ける。
    • 8-2 地域環境への配慮
      環境保護に関する法規に従い、業務を遂行する。万一、環境に重大な影響を与える事態が発生した場合には拡大防止に努め、遅滞なく原因究明、再発防止を行い、社内外に適切な情報開示を行う。
    • 8-3 反社会的勢力との関係断絶
      反社会的勢力に対して、「金を出さない」、「利用しない」、「恐れない」を基本原則として一切の関係を断絶する。
  • 9 政府・行政機関に対して
    • ・ミスミグループ各社および役職員は国内外の法規を遵守し、政府・行政機関に対して、事業活動における便宜を受けることを目的に不当な働きかけをしない。
    • ・役職員が会社が便宜を受ける見返りに当局の職員に贈賄・金品の贈答をすることを禁じる。
      当社役職員がその業務遂行において取引先との過剰な接待行為や不当な金品授受を行うことも禁じる。

    • 9-1 法規の遵守
      国内外の関係する法規を遵守し、必要な各種手続きに対して、当該関係・関連手続きに従い、誠実に対応する。
    • 9-2 贈賄の禁止
      会社の資金もしくは個人の資金であるかを問わず、事業活動に対し便宜を受けることを目的として、金銭の支払い、その他の利便を提供しない。
  • 10 違反および違反疑義行為に対して
    • ・役職員は本行動規範に対する違反および違反疑義行為を役員および上位職に適時、適正に報告しなければならない。
    • ・本行動規範に対する違反は、ミスミグループ各社における就業規則その他雇用契約上の重要な違反であり、人事・雇用上の懲戒その他の処分対象となる。違反疑義行為を故意または重大な過失により、役員および上位職に適時、適正に報告しない場合も同様である。