ENVIRONMENTAL INITIATIVES 環境への取り組み

気候変動への取り組み(TCFD準拠)

気候変動に対する取り組みの考え方

当社は2021年9月にTCFD提言への賛同を表明し、同月にTCFD提言への賛同企業により組織される「TCFDコンソーシアム」への参画を表明いたしました。気候変動に対する取り組みとして、影響が大きいメーカー事業を中心に、1.5/2℃シナリオ、および4℃シナリオに基づく分析を実施し、各々のシナリオへの移行リスク・物理リスク・機会の特定、事業インパクトの評価を行うなどの戦略構築に着手しています。
今後は気候変動のリスクの特定、評価、低減等のリスク管理プロセス確立や、リスクと機会の評価の定量化、進捗評価の仕組み確立に取り組み、順次開示いたします。
引き続きTCFDの枠組みに沿った気候変動関連の情報開示を充実させるとともに、当社の事業活動を通して地球温暖化防止等の気候変動対策に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

ガバナンス

当社は、気候変動対応への取り組みについて、取締役会にて定期的に討議を行っています。
2021年10月に委員長を代表取締役会長、副委員長を代表取締役社長とするサステナビリティ委員会を設置しました。委員会は当社におけるサステナビリティの基本方針を策定し、経営計画や経営方針に対する検証と、社会課題に対する取り組みを推進し、取締役会に報告・提言を行います。気候変動対応への取り組みは、取締役会の監督下、サステナビリティ委員会がグループの執行組織である本部・企業体・プラットフォームと連携して目標設定・進捗状況のモニタリング・評価を行い、継続的に推進してまいります。