MISUMI ROBOT

ミスミロボットの紹介

MISUMI ROBOT

ミスミグループ本社は、ROBO-ONE大会の協賛に加え、
社員自らが選手として大会に参加。
ROBO-ONE初のワークスチームとして、大会の発展、
技術向上にも貢献しています。

シズラーSURUGASizzlar SURUGA

前身は第1回のミスミ賞を受賞したシズラー・C(シズラー・カスタム)。新たに首に2軸・肩に3軸サーボで表現力を高め、LEDで華やかさも演出。
強さとカッコよさの両立をめざし、未来のエンジニアである会場の子供達を魅了することがミッション。
過去の最高記録は本大会ベスト8。自己ベスト更新に向けての挑戦がいま始まる!

SPEC

機体名
シズラーSURUGA Sizzlar SURUGA
エンジニア
本田
全長
55cm
重量
3.0kg
サーボ数
24軸
最大サーボトルク
83.4kgf・cm (腰部)
必殺技
「ハートキャッチパンチ」
光の軌跡を描き観客を魅了する渾身のストレート。
制作拠点
駿河生産プラットフォーム

ミスミ・プニMISUMI-PUNI

本大会2連覇を成し遂げたキング・プニを前身とし、ミスミ製のパーツを利用してリビルド(再構築)された機体。
リーチ、スピード、パワーを兼ね備え、抜群の安定度で相手を圧倒する。
大会での活躍による企業アピールがミッション。そのプレッシャーをも味方にする闘いに期待!

SPEC

機体名
ミスミ・プニ MISUMI-PUNI
エンジニア
中井
全長
42cm
重量
3.0kg
サーボ数
21軸
最大サーボトルク
67.0kgf・cm (腰部)
必殺技
「プニバサミアッパー」
リーチ、スピード、パワーのすべてに優れた挟み込みすくい上げ。
制作拠点
ミスミグループ本社

企業広告

ミスミロボットが登場する企業広告をご紹介します。