前田 菜穂 最年少 女性リーダーとして
挑む課題解決。

入社年:2012年度新卒入社
学部:外国語学部
所属:サプライヤー・サービス・センター POCチーム
業務企画推進セクション グループリーダー

求めたのは大きな「裁量」と
確かな「成長」が望める環境。

就職活動での志望は、機械部品の商社。あらゆる産業のインフラとして、社会に与えるインパクトの大きさに惹かれたからです。その中から、若手にも大きな裁量を与え、スピード感を持って成長できると感じたミスミを選びました。協力工場や物流部門などでの現場研修を経て、カスタマーサービスセンター(コールセンター)のオペレーション管理部門へ配属。オペレーターのパフォーマンスの数値管理を担当しました。私は問題点を見つけたら放っておけない性格。部署では初めての新卒社員でしたが、改善すべきだと感じたことは積極的に提言しました。

例えばコールセンターの応答結果のレポートに対して「従来のデータの取り方を変えるべきだ」と上司に提案し、実際にそのプロジェクトを実現したことも。そんな風に自ら提案し、行動できた背景には、研修時代、工場などの現場での業務を、身をもって体験したことや、キャリアを問わず新しいアイデアを取り入れていくミスミの風土があったのだと思っています。

現場の課題解決に正面から挑み、
新卒入社の女性社員で最年少の管理職に。

入社3年目からは、現在所属しているサプライヤー・サービス・センターに異動。主な業務は、ミスミが取引しているサプライヤーとの納期短縮や大口見積もり依頼等のイレギュラー業務の対応です。この新部署で直面した課題は、定量的な数値管理の不徹底と、余計な事務作業による現場のオペレーターへの負荷。まず生産性の向上が急務だと感じました。「この課題を解決するためには、私一人の力では足りない。大きな権限と確かな影響力を持ったチームが必要だ」。自分の意見を上司に伝え、生産性向上を推進する「業務企画推進セクション」を立ち上げました。

その後、昇格試験を受験。入社5年目で5人のメンバーを率いるリーダーとして、新卒入社の女性社員としては最年少で管理職に就くことになりました。メンバーはベテラン社員や、時短勤務をしている女性社員、新卒社員など多様性に富んだ構成。お互いが気持ちよく働ける環境をつくるため、年齢の上下関係なく、遠慮せずに意見を言い合える組織にしよう」とメンバーと約束しています。

ビジネス慣習の違い。
衝突を乗り越え、芽生えた信頼関係。

「最年少管理職」とは言え、全てが順風満帆だったわけではありません。特にサプライヤー・サービス・センターへ異動した当初は苦労しました。私が前部署で培った「数値管理」の考え方は、文化が全く異なるため相容れず。数字は正直なので、実感値よりも低い成果が出たことで意欲が低下するメンバーも現れ、「数値は必要ない」「今までのやり方で十分業務は回っている」といった反発が生まれたのです。

悩み抜いた末、私はまず相手の悩みを聞くことから始めました。「サプライヤーの納期遅れが多い」「商品担当者の返事が遅い」……耳を傾けたことで明らかになったメンバーの苦労や悩み。私は、それらのロスの発生元をデータで特定し、関係部署に働きかけました。数値で根拠を示すと、当事者は危機感を持って、すぐに改善してくれるんです。数字で人が動くことを実感してもらうことで、周囲からの信頼も獲得。一人ひとりの声を聞くという、一見すると遠回りで泥臭いやり方が信頼につながることや、相手に寄り添うことの大切さを学びました。

「個人」から「チーム」へ。
管理職になったことで獲得した視座。

管理職に就いたことで得られた収穫は、自分の視座が一段高くなったことだと思います。プレイヤーだった頃は自分一人の成長だけを追求すればよかったかも知れませんが、今はチームの成長、そしてメンバーの成長に責任を持つ立場。メンバーのやりたいことや目標をできる限り実現させたいと考えるようになりました。「メンバーに更なるスキルアップの機会を提供できないか、社外での自己研鑽も積めるよう業務時間をコントロールできないか」。こうした視点を持って日々マネジメントをしています。その積み重ねから、メンバー一人ひとりが能力を最大限発揮できれば自ずとチームの力が増し、社内外にも大きな影響を与えられるはず。

私の今の目標は、日本法人の生産性を世界各地の現地法人の中で、圧倒的なNo.1として確立させること、そして日本で確立したノウハウを海外へ展開させ、海外の生産性向上に貢献することです。私を信頼してついてきてくれる大切なメンバーとこのチームがあれば必ず実現できると確信しています。