GOVERNANCE COMPLIANCEガバナンス・
コンプライアンス

ミスミグループ 行動規範

ミスミグループの全役職員は、ミスミグループの社会的使命を理解し、この「行動規範」および関連する附則はもとより社会ルールを遵守して公正に活動し、以下の事項について明確な自覚と責任をもつものとします。

遵守事項一覧

  • 1 お客さまに対して
    • ・役職員は常に公正な取引に基づき、「高品質・低コスト・短納期」のオリジナル性の高い商品、サービスを提供する。
  • 2 仕入先に対して
    • ・役職員は安全性を含む品質、価格、納期の観点から、製品およびサービスを合理的に選定し、仕入先とは常に公正な取引を行う。
  • 3 役職員に対して
    • ・ミスミグループ各社は役職員の人権を尊重し、役職員が安全で働きやすい職場環境を実現し、発展させる。
    • ・役職員は安全で働きやすい職場環境の実現、発展に対して、率先して協力する。
  • 4 業務に対して
    • ・役職員は法規、社内規程・社内ルールを遵守し、忠実に業務を実行する。ただし、与えられた権限の濫用は行わない。
    • ・役職員はミスミグループ各社から貸与された会社資産および付帯するデータの使用に関して、ミスミグループ各社の関連社内規程・社内ルール、および役職員の上位職の指示に従う。
  • 5 知的財産権に対して
    • ・役職員はミスミグループ各社が保持している、または保持しようとしている知的財産権を保護し、適切に運用管理する。
  • 6 財務会計に対して
    • ・ミスミグループ各社および役職員は関連法規、社内規程・社内ルールに従って、経理、会計、財務処理手続きを適時、適正に行う。
  • 7 株主・投資家に対して
    • ・ミスミグループ各社は適時、適正な企業情報を開示することにより説明責任を果たし、企業価値の増大による株主への利益還元を図る。
    • ・役職員は常に企業価値の増大に寄与すべく、業務を遂行する。
  • 8 地域等に対して
    • ・ミスミグループ各社は地域の文化、慣習、歴史を尊重した事業展開を心掛け、地域との調和を図る。
    • ・役職員は環境負荷を考慮し、適法かつ誠実に業務を遂行する。
    • ・役職員は反社会的勢力、団体およびそれらとの活動とは一切の関係を持たないとともに、不当な要求にも妥協せず毅然とした態度で対処する。
  • 9 政府・行政機関に対して
    • ・ミスミグループ各社および役職員は国内外の法規を遵守し、政府・行政機関に対して、事業活動における便宜を受けることを目的に不当な働きかけをしない。
  • 10 違反および違反疑義行為に対して
    • ・役職員は本行動規範に対する違反および違反疑義行為を役員および上位職に適時、適正に報告しなければならない。

2011年4月改訂