シニアチェアマン・第2期創業者 三枝 匡 (さえぐさ ただし)

シニアチェアマン 第2期創業者
三枝 匡(さえぐさ ただし)

Tadashi Saegusa
Senior Chairman / Second-Era Founder

略歴

1967年 一橋大学経済学部卒業。三井石油化学を経て、ボストン・コンサルティング・グループの国内採用第1号コンサルタントになる。スタンフォード大学でMBAを取得後、プロ経営者を目指し、30代で赤字会社2社の再建とベンチャーキャピタル会社の経営をそれぞれ社長として経験。40代から16年間、不振企業の再建支援を行う「事業再生専門家」として活動、2002年ミスミ(現ミスミグループ本社)社長 CEOに就任(ミスミでの経歴は以下のとおり)。一橋大学大学院客員教授も務める。著書に「戦略プロフェッショナル」「経営パワーの危機」「V字回復の経営」「ザ・会社改造」などがある。

1986年01月
(株)三枝匡事務所 代表取締役
2001年06月
(株)ミスミグループ本社取締役
2002年06月
当社代表取締役社長 CEO
2008年10月
当社代表取締役会長 CEO
2014年06月
取締役会議長
2018年04月
シニアチェアマン 第2期創業者(現在)

主な経営功績

  • 02年度に代表取締役社長 CEOに就任し、経営改革を推進して17年度までに売上高は01年度比約6倍の3,000億円を超える見込み
  • 社員数はCEO就任前の340名から17年度はグローバルで1万名を超え、約32倍に